興味関心、思ったことは正直に。色々なことを「自分なりの言葉」で書いていくブログ

【遊戯王】「無限起動」解説と相性の良いカードを考察

最終更新日 2019/04/05 公開日2019/03/01

今回の記事は、
デッキビルドパック インフィニティ・チェイサーズ収録の新規テーマ
「無限起動」の考察記事です。

重機に詳しくないせいか、
気の利いた冒頭文章が思いつかない。

非力な私を許してくれ…。

無限起動 テーマ解説

基本情報

無限起動モンスターは下級と上級でそれぞれ共通効果を持っています。

下級モンスターは、

星4以下モンスター
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。(固有効果)
②:このカード以外の自分フィールドの機械族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターとこのカードは、ターン終了時までその2体の元々のレベルを合計したレベルになる。

となっていて、

召喚・特殊召喚時の効果に加えて、

自分の場の機械族モンスターと自身のレベルをそれぞれのレベルと合計する
という「タンホイザーゲート」と同じ効果を持っています。

「無限起動」モンスターで例えると、
レベル2とレベル5のモンスターは2体ともレベル7に、

レベル4とレベル5ならば2体ともレベル9になれるということです。

この効果を使ってレベルをそろえ、エクシーズ召喚に繋いでいくのが、
「無限起動」の戦い方になります。

上級モンスターは全てレベル5で統一されていて、共通効果は、

星5モンスター
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの機械族・地属性モンスター1体をリリースして発動できる。このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
②:(固有効果)

となっています。

自分の場の地属性・機械族モンスターをコストに手札から特殊召喚できます。

守備表示限定なので、リンク素材や、
下級モンスターの効果と合わせて、レベルを統一してエクシーズ召喚に繋いでいく事になります。

エクシーズモンスターにも共通効果があり、

エクシーズモンスター
このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:固有効果。
②:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。そのモンスターをこのカードの下に重ねてX素材とする。
③:このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドの機械族リンクモンスター1体をリリースして発動できる。このカードを守備表示で特殊召喚する。

となっています。

②の効果で、戦闘破壊したモンスターをエクシーズ素材にすることができる。

相手モンスターの再利用を封じるだけでなく、①の固有効果の補助にもなる。

③の効果により、機械族リンクモンスターをリリースすることで墓地から自己再生できる。
守備表示限定だけど、「超接地展開」等でランクアップさせたり、
「迅雷の騎士ガイアドラグーン」を重ねることによって、アタッカーになることもできます。

各カードの解説

無限起動モンスター

モンスターの効果はテキストの半分くらいが共通効果なので、
解説は軽めになります。

無限起動ハーヴェスター

星2/地属性/機械族/攻0/守2100
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「無限起動ハーヴェスター」以外の「無限起動」モンスター1体を手札に加える。
②:このカード以外の自分フィールドの機械族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターとこのカードは、ターン終了時までその2体の元々のレベルを合計したレベルになる。

引用元:遊戯王wiki

固有効果は、同名モンスター以外の「無限起動」モンスターのサーチ
上級「無限起動」をサーチすればこのカードをリリースすることで、そのまま特殊召喚できる。

特殊召喚にも対応しているので、後述の「ロックアンカー」とも相性が良い。

やっぱりサーチは強い。

攻撃力0なので「機械複製術」に対応し、3体展開することが可能。

発動後サーチを行い1体をリリースして上級「無限起動」を特殊召喚すれば、
ランク7をエクシーズ召喚できる。

無限起動ロックアンカー

星4/地属性/機械族/攻1800/守500
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。手札から「無限起動ロックアンカー」以外の機械族・地属性モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
②:このカード以外の自分フィールドの機械族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターとこのカードは、ターン終了時までその2体の元々のレベルを合計したレベルになる。

引用元:遊戯王wiki

固有効果により、同名モンスター以外の地属性・機械族モンスターを手札から特殊召喚できる。

レベルを合わせる効果を使うことで、即座にエクシーズ召喚することができる。

レベル5の「無限起動」を特殊召喚すれば、レベル9が2体となり、
ランク9をエクシーズ召喚できる。

「地属性・機械族モンスター」を指定しているので、
「無限起動」モンスター以外も特殊召喚できる。

「無限起動」デッキだけではなく、混成デッキでも活躍できるこのテーマのキーカード。
展開の要です。

無限起動トレンチャー

星5/地属性/機械族/攻500/守2400
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの機械族・地属性モンスター1体をリリースして発動できる。このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
②:墓地のこのカードを除外し、「無限起動トレンチャー」以外の自分の墓地のレベル5以下の「無限起動」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

引用元:遊戯王wiki

固有効果は、墓地から自身を除外することで、同名モンスター以外の「無限起動」を墓地から蘇生する効果。

守備表示限定なので、素材の調達として使うことになる。
墓地肥やしカードを使うことで、より効果を活かしやすくなる。

蘇生対象はレベル5以下なので、エクシーズモンスターやリンクモンスターは蘇生できない。

攻撃力500なので、「機械複製術」に対応している。
前述の「ハーヴェスター」からサーチして即座に特殊召喚できるので、
3体展開からのランク5エクシーズを作りやすい。

無限起動キャンサークレーン

星5/地属性/機械族/攻2100/守500
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの機械族・地属性モンスター1体をリリースして発動できる。このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
②:自分の墓地から機械族モンスター1体を除外して発動できる。デッキから「超接地展開(アウトリガー・エクスバンド)」1枚を手札に加える。

引用元:遊戯王wiki

固有効果は、墓地の機械族を除外することで「超接地展開」を手札に加える効果。

このカードを自身の効果で特殊召喚していれば、コストは調達できているので即発同可能。

「超接地展開」を手札に加えることで、
対象耐性を与えたり、エクシーズモンスターをランクアップに繋いでいく。

無限起動ドラグショベル

星5/地属性/機械族/攻1500/守2100
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの機械族・地属性モンスター1体をリリースして発動できる。このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
②:自分の墓地から機械族モンスター1体を除外して発動できる。デッキから「超信地旋回(スピン・ターン)」1枚を手札に加える。

引用元:遊戯王wiki

固有効果は、墓地の機械族を除外することで「超信地旋回」を手札に加える効果。

使い方は「キャンサークレーン」とほぼ同じ。

違うのは攻守力とサーチ対象だけなので割愛。

無限起動スクレイパー

星5/地属性/機械族/攻2200/守500
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの機械族・地属性モンスター1体をリリースして発動できる。このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
②:墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の機械族・地属性モンスター5体を対象として発動できる。そのモンスターをデッキに戻してシャッフルする。その後、自分はデッキから2枚ドローする。

引用元:遊戯王wiki

固有効果は、墓地の地属性・機械族5体をデッキに戻して2枚ドローする効果。

所謂「貪欲な壺」です。

墓地リソースをかなり消費するので、発動できるのは中盤以降になりそう。

無限起動リヴァーストーム

ランク5/地属性/機械族/攻2500/守500
レベル5モンスター×2
このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。デッキから機械族・地属性モンスター1体を選び、手札に加えるか墓地へ送る。
②:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。そのモンスターをこのカードの下に重ねてX素材とする。
③:このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドの機械族リンクモンスター1体をリリースして発動できる。このカードを守備表示で特殊召喚する。

引用元:遊戯王wiki

ランク5のエクシーズモンスター

固有効果により、デッキから地属性・機械族モンスター1体を手札に加えるか墓地に送ることができる。

サーチは強い(二度目)。

しかもサーチだけでなく、墓地に送るかどうか選択できるので、
かなり柔軟に動くことができる。

打点も2500とランク5としては及第点。
戦闘破壊したモンスターをエクシーズ素材にできる効果も発動しやすいです。

無限起動コロッサルマウンテン

ランク7/地属性/機械族/攻2100/守3100
レベル7モンスター×2
このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。このカードの攻撃力は1000アップする。
②:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。そのモンスターをこのカードの下に重ねてX素材とする。
③:このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドの機械族リンクモンスター1体をリリースして発動できる。このカードを守備表示で特殊召喚する。

引用元:遊戯王wiki

ランク7のエクシーズモンスター

固有効果で自身の攻撃力を1000ポイントアップできる。

これにより、攻撃力は3100となり②の効果に繋ぎやすくなる。
攻撃力アップは永続なので、ターンを跨いで攻撃力を上げることもできる。

素の守備力が3100と高いので、③の効果で特殊召喚した時に壁としても使うことができる。

「リヴァーストーム」に「超接地展開」を使うことでエクシーズ召喚でき、
またこのカードに「超接地展開」を使うことで「アースシェイカー」を召喚できる。

つなぎ役のモンスターでもある。

無限起動アースシェイカー

ランク9/地属性/機械族/攻3100/守2100
レベル9モンスター×2
このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのX素材を任意の数だけ取り除き、その数だけフィールドのカードを対象として発動できる。そのカードを破壊する。
②:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。そのモンスターをこのカードの下に重ねてX素材とする。
③:このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドの機械族リンクモンスター1体をリリースして発動できる。このカードを守備表示で特殊召喚する。

引用元:遊戯王wiki

ランク9のエクシーズモンスター

パックの看板も務めており、
2体素材のランク9では最大の攻撃力を持つ「無限起動」のエースモンスター。

とはいえ、素材や効果に機械族指定もない為、汎用ランク9としても使えそう。

固有効果で、エクシーズ素材を取り除いた数だけフィールドのカードを破壊することができる。

1回の効果で、複数枚のカードを除去できるのは強力。
後述の「ゴライアス」をコストに③の効果で自己再生しても1枚は破壊できる。

「ロックアンカー」の効果でレベル5の「無限起動」を特殊召喚すれば、
簡単にエクシーズ召喚できる。

「コロッサルマウンテン」に「超接地展開」を使っても召喚できる。

無限起動ゴライアス

リンク1/地属性/機械族/攻1000
【リンクマーカー:右下】
リンクモンスター以外の「無限起動」モンスター1体
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合、自分フィールドのXモンスター1体を対象として発動できる。このカードをそのモンスターの下に重ねてX素材とする。
②:このカードを素材として持っている、元々の種族が機械族のXモンスターは以下の効果を得る。●このカードは効果では破壊されない。

引用元:遊戯王wiki

フィールドから墓地へ送られた時、エクシーズモンスターの下に重ねてエクシーズ素材となる
効果を持ちます。

さらに②の効果で、
このカードをエクシーズ素材にしているモンスターは効果では破壊されません

「無限起動」エクシーズモンスターの共通効果(③)により、
このカードをコストに自己再生することで、そのままエクシーズ素材になります。

これにより②の効果が適用され、
自己再生したエクシーズモンスターが破壊耐性を得ることになります。

さらに、このカードの使い道として、

「無限起動」エクシーズモンスターをエクシーズ召喚。

そのエクシーズモンスターを素材に「ゴライアス」をリンク召喚、

「ゴライアス」をコストに素材にしたエクシーズモンスターを墓地から蘇生。

「ゴライアス」の効果で蘇生したエクシーズモンスターの素材となり、破壊耐性を付与。

という流れが行えます。

これにより、エクストラモンスターゾーンを開けることができるのです。

守備表示なのでそのままでは攻撃できませんが、
「超接地展開」を使い、ランクアップさせることによって、
破壊耐性持ちのアタッカーを作ることができます。

「無限起動」デッキにおいて、
重要なリンクモンスターであるといえます。

無限起動要塞メガトンゲイル

リンク3/地属性/機械族/攻4000
【リンクマーカー:右/左下/右下】
エクシーズモンスター3体
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードはモンスターゾーンに存在する限り、このカード及びXモンスター以外のモンスターの効果を受けず、Xモンスター以外のモンスターとの戦闘では破壊されない。
②:自分の墓地のXモンスター1体と相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。その墓地のXモンスターを特殊召喚し、その相手のカードを下に重ねてX素材とする。この効果の発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは半分になる。

引用元:遊戯王wiki

素材指定「エクシーズモンスター3体」とかいう
超絶重たいリンクモンスター。

「無限起動」エクシーズモンスターの自己再生効果を駆使して
素材をそろえることになると思うけど、それでも結構大変。

エクシーズモンスター以外のモンスター効果耐性と戦闘破壊耐性を持つ。

エクシーズモンスター以外ではほぼ突破できない、
出し辛さに見合う耐性ではありますが、
魔法・罠カードに耐性はないので、やられるときはあっさりやられます。

まあそれはどんなモンスターでも一緒ですが。

ただ、こういうモンスターとしては珍しく蘇生が可能。
一度出してしまえば使いまわせます。

②の効果は、
墓地のエクシーズモンスターを蘇生し、相手モンスターをエクシーズ素材にする効果

基本的には、このカードのリンク素材になったモンスターを蘇生することになります。

この効果を使うとそのターン中、戦闘ダメージが半減しますが、
素の攻撃力が高いのと、除去だけでなく展開も行っていることもあって
ライフを削りやすいです。

フィニッシャーとしては申し分ない性能ですが、
やはり素材の重さ、出し辛さが目立つモンスターです。

素材指定や②の効果に機械族指定がないこともあるし、
「無限起動」以外でも専用デッキを組んでみるのもいいかもしれない。

無限起動 魔法・罠

無限起動は現状、魔法・罠カードが1枚ずつしかないので項目はまとめます。
※新規で増えてきたら分けます。

超接地展開(アウトリガー・エクスバンド)

永続魔法
①:自分フィールドの機械族Xモンスターは相手の効果の対象にならない。
②:1ターンに1度、自分フィールドの「無限起動」Xモンスター1体を対象として発動できる。その自分のモンスターよりランクが2つ高い機械族Xモンスター1体を、対象のモンスターの上に重ねてX召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は機械族・地属性モンスターしか特殊召喚できない。

引用元:遊戯王wiki

「超接地展開」と書いて「アウトリガー・エクスバンド」と読みます。

字面がめっちゃカッコいい永続魔法。
声に出して読みたくなります。

①の効果により、機械族エクシーズモンスターに対象耐性を付与します。

上述の「ゴライアス」の破壊耐性を合わせれば、
かなり強固な耐性を得ることができます。

②の効果は、
「無限起動」エクシーズモンスターを
ランクが2つ上の機械族エクシーズモンスターにランクアップさせる
効果。

現状「無限起動」エクシーズモンスターのランクは「5・7・9」なので、
それぞれの2つ上である「7・9・11」を召喚できる。

機械族指定なので、結構限られますが、
一番相性が良いのは、「無限起動」と同じ地属性モンスター
「超弩級砲塔列車ジャガーノートリーベ」

圧倒的な攻撃力でワンキルに持っていけます。

あとは、対象をとらない除外を行う
「幻子力空母エンタープラズニル」くらいだと思います。

超信地旋回(スピン・ターン)

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分フィールドの攻撃表示の機械族・地属性Xモンスター1体と相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。その自分のモンスターの表示形式を変更し、その相手モンスターを破壊する。
●自分フィールドの守備表示の機械族・地属性Xモンスター1体と相手フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。その自分のモンスターの表示形式を変更し、その相手の魔法・罠カードを破壊する。

引用元:遊戯王wiki

「超信地旋回」と書いて「スピン・ターン」と読みます。
…こっちの字面は別にそんなでもないな。

声に出して読みたくなるかどうかは人による永ぞ…

永続トラップじゃねえ!!
※初見時の私はこんな反応でした。

2つの効果から1つを選択して発動するタイプ。

まず1つ目は、
攻撃表示の地属性・機械族エクシーズモンスターを守備表示にすることで、
相手モンスターを破壊
します。

罠カードなので、相手ターンに使えばデメリットはありません。

自分のターン中でも、
攻撃を終えたモンスターを守備表示にして、「超接地展開」でランクアップさせる
という方法もあります。

2つ目は、
守備表示の地属性・機械族エクシーズモンスターを攻撃表示にすることで、
相手の魔法・罠カードを破壊
します。

「無限起動」エクシーズモンスターは共通効果によって守備表示で蘇生されるので、
自分のターン中に攻撃表示に変える手段としても使うことができます。

文字通り、モンスターをグルグル回転させながら除去を行うカードです。

「ドラグショベル」の効果でサーチすることができる。

相性の良いカード・テーマ

相性の良いテーマ

【列車】


まあ、真っ先に浮かぶよね。

「緊急ダイヤ」でモンスターを2体同時に特殊召喚したり、
「爆走軌道フライング・ペガサス」で「無限起動」モンスターを蘇生しレベルを統一すれば、
ランク5をエクシーズ召喚できるなど、
展開力を上げることができます。


レベル10のモンスター達も、
「弾丸特急バレットライナー」や「重機貨列車デリックレーン」は、
特殊召喚効果を持つので、「無限起動」モンスターのリリース要員になれます。


「超弩級砲塔列車ジャガーノートリーベ」は、
「アースシェイカー」に「超接地展開」を使うことで、自然にエクシーズ召喚できます。

上記のレベル10モンスター達と合わせて、ワンキルに持ち込むことができます。

やはり機械族は脳筋。

【古代の機械】


「古代の機械箱」との相性の良さから。
古代の機械箱は、攻撃力か守備力が500のモンスターを手札に加える効果があります。

対象モンスターは
ロックアンカー
キャンサークレーン
スクレイパー
トレンチャー
の4種類。

どれも核となるカードなので、それらをサーチできるのは強味になり得ます。

トリガーとなる「機械箱」のサーチは「リヴァーストーム」でも行えますが、
「古代の機械飛竜」等の「アンティークギア」も普通に採用できるデッキなので、
そこからも戦術を広げていけそうです。

その他相性の良いカード

サイバー・ドラゴン・ネクステア


墓地に存在する攻撃力か守備力が2100の機械族モンスターを蘇生する効果があります。

本人は地属性ではなく光属性モンスターですが、

アースシェイカー
コロッサルマウンテン
キャンサークレーン
ドラグショベル
ハーヴェスター
の5種類が対応しています。

特にエクシーズモンスターを蘇生できるのは大きく、
「超接地展開」でランクアップさせることもできます。

素材の調達だけでなく、
アタッカーを増やすこともできる為、相性が良いです。

ちなみに「ネクステア」非対応モンスターは大体「古代の機械箱」対応だったりします。
「無限起動」は全体的にステータスが優秀。

サイバー・ドラゴン・ノヴァ、インフィニティ


機械族・ランク5と来たらコイツ。

制圧効果を持つモンスターとして、
選択肢に入ると思います。

スクラップ・リサイクラー


デッキから機械族を墓地に送る効果を持つ。

その効果で「推奨機巧-ローズニクス」か「幻獣機オライオン」のどちらかを墓地に送ることで、
リンク召喚が可能になります。

主にリンク召喚できるのは、
・機関重連アンガー・ナックル

地属性・機械族なので、上級「無限起動」モンスターのリリース要員になれる。

【列車】と組み合わせれば、蘇生効果も生かすことができる。

・プラチナ・ガジェット

安定。

手札からレベル4以下の機械族を特殊召喚できるので、
「ロックアンカー」を呼べば、そこからさらに展開することができる。

・スクラップ・ワイバーン

「スクラップ・リサイクラー」がスクラップの名称を持つのでこれも。
リクルート効果を使うことで、相手カードを除去をしながらさらに展開することができる。

SRベイゴマックス、SRタケトンボーグ


これらのカードも「スクラップ・リサイクラー」同様、
即座にリンク2を作って初動に貢献するカードです。

こちらの場合は召喚権を使わずにリンク2を出せることが強みです。

巨大戦艦ブラスターキャノン・コア


「パンクラトプス」と同じ条件で特殊召喚できる
レベル9の地属性・機械族モンスター

レベル9なので、
「アースシェイカー」のエクシーズ素材に使うことができる。

詳しい効果はこちらの記事にも書いています。
【遊戯王】「巨大戦艦ブラスターキャノン・コア」が収録決定!

機械複製術


攻撃力500以下の機械族モンスターの同名モンスター2体を特殊召喚するカード。

「ハーヴェスター」と「トレンチャー」が対応しているため、
3体展開からエクシーズ召喚に繋げることができる。

リミッター解除


機械族ではお馴染み。
機械族の攻撃力を倍加させるカード。

「ゴライアス」の効果で破壊耐性を得ていれば、
エンドフェイズに自壊することはありません。

まとめ

「無限起動」は機械族指定のカード効果が多いので、
種族サポートの面から組み合わせを考えていくといいと思います。

相性のいいカード、テーマは見つかり次第、随時追加していきます。

今回の記事は、ここまでにしようと思います。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイト運営者について

こんにちは、カゲリです。

当ブログにお越し頂き、ありがとうございます。

興味を持ったことや、自分の考えなんかを、ちょっとゆるい「自分なりの言葉」で書いていきます。

あくまでもゆるくです。

真面目過ぎはよろしくない。

詳細プロフィール