興味関心、思ったことは正直に。色々なことを「自分なりの言葉」で書いていくブログ

【遊戯王】「占い魔女ヒカリちゃん」がコレパ 革命の決闘者編に収録決定!

最終更新日 2019/04/05 公開日2019/03/14

まさか、かなり意外なやつがカード化です。

アニメでは占い目的で使われてたカード。

占い道具がカード化される時代。

カーリーは「フォーチュンレディ」だけで
こっちはカード化されないと思ってました。
まじで。

5月18日発売の
コレクションパック 革命の決闘者編に

なんと「占い魔女ヒカリちゃん」が収録されます。

まさか
こんなとこから収録してくるとは思いませんでした、

というわけで効果を見ていきます。

「占い魔女ヒカリちゃん」の基本情報

星1/光属性/魔法使い族/攻0/守0
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードをドローした時、このカードを相手に見せて発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードが手札からの特殊召喚に成功した場合、自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを墓地へ送り、デッキから魔法使い族・レベル1モンスター1体を特殊召喚する。

引用元:遊戯王wiki

アニメではただの占い道具だったカード。
※一応デュエルでも使用されてはいたが、本業は占い。

①の効果により、このカードをドローしたら特殊召喚できる。

通常のドロー、効果によるドロー
どちらでも発動できるので使い勝手が良いです。

②の効果は、手札からの特殊召喚時に、
自分のモンスター1体をコストにデッキからレベル1の魔法使い族を特殊召喚できる
効果。

①の効果と連動していて、
このカードをドローすれば特殊召喚して効果を発動できます。

さらにコストとして墓地に送るモンスターはこのカード自身も選択できるので、
実質ノーコストみたいなもんです。

特殊召喚できる範囲は「レベル1の魔法使い族モンスター」とかなり広く汎用性は高め。
様々なカードと組み合わせることができそうです。

呼び出せるモンスターの例を挙げると、


各種エクゾディアパーツや「ミスティック・パイパー」。


アニメのキャラつながりで
「フォーチュンレディ・ライティー」を出すのもいい。

「エフェクト・ヴェーラー」も一応対応しているが、
旨味は少ないか。

環境勢だと、
「オルターガイスト・メリュシーク」や、
「サブテラーの妖魔」が呼べたりする。

その他にも、
ブルーアイズ関連の「青き眼」の人達とかでしょうか。

ちなみに、アニメでは元々通常モンスター。
モンスター効果自体ありませんでした。

※アニメでのテキスト。

占い魔女ヒカリちゃん
通常モンスター
星1/光属性/魔法使い族/攻0/守0
このカードをドローした今日のあなたの運勢は、スーパーハッピー!
ラッキーナンバーは、1。
ラッキーカラーは、黄色。
ラッキーアイテムは、光るチャーム。
願いは何でも叶っちゃう!

本当にただの占い道具って感じのテキストです。

まとめ

かなり汎用性の高いカードとしてカード化されています。

「フォーチュンレディ」をサポートするのか、
「占い魔女」でカテゴリ化するのか。

このカードだけではまだわかりませんが、この感じだと、
他の占い魔女も効果モンスターとして収録されると思います。
結構期待できそう。

情報を待ちましょう。

というわけで、今回の記事はここまでにしようと思います。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

余談:収録内容について(※3月15日追記)

同パックに「TGギア・ゾンビ」の収録が確定し、
そのカードナンバーが026であることがわかりました。

今回の記事の「ヒカリちゃん」は017なので、
占い魔女は9枠持っていく事になります。

アニメに出た占い魔女関係のカードはこのカードを含めて9枚なので、
※モンスター6体、魔法3枚
今回のコレパで全部収録されることがほぼ確定しました。

まあ、残りのTG新規によっては分かりませんが、
全部収録なら普通に1つのまとまったデッキとして組めそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイト運営者について

こんにちは、カゲリです。

当ブログにお越し頂き、ありがとうございます。

興味を持ったことや、自分の考えなんかを、ちょっとゆるい「自分なりの言葉」で書いていきます。

あくまでもゆるくです。

真面目過ぎはよろしくない。

詳細プロフィール