興味関心、思ったことは正直に。色々なことを「自分なりの言葉」で書いていくブログ

【遊戯王】「No.97龍影神ドラッグラビオン」相性の良いカードを考察

最終更新日 2019/03/28 公開日2019/03/18

ゼアル枠は今回もナンバーズか。

ナンバーズ
埋まってきましたね。

これで残りはNo.1~4を除けばあと3枚です。

26、60、76。
今回のコレパで埋まりそう。

というわけで、今回の記事は
「コレクションパック―革命の決闘者編」に収録される、
「No.97龍影神ドラッグラビオン」の考察記事になります。

「No.97龍影神ドラッグラビオン」の基本情報

ランク8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守3000
レベル8モンスター×2
①:X召喚したこのカードは他のモンスターの効果の対象にならない。
②:このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。自分のEXデッキ・墓地から「No.97龍影神ドラッグラビオン」以外のドラゴン族の「No.」モンスター2種類を選ぶ。その内1体を特殊召喚し、もう1体をそのモンスターの下に重ねてX素材とする。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できず、この効果で特殊召喚したモンスターでしか攻撃宣言できない。

引用元:遊戯王wiki

①の効果により、カード効果の対象にはなりません

縛りなしのランク8モンスターとしては優秀な部類。
攻守共に3000なので戦闘でも超えにくく場持ちが良い。

②の効果は、エクシーズ素材を1つ使うことで、
EXデッキと墓地から2種類のドラゴン族ナンバーズを選び、
1体は特殊召喚、もう片方はエクシーズ素材にする
効果。

特殊な効果だが、簡単に説明すると、
「ドラゴン族ナンバーズを素材を確保しながら直接特殊召喚する」という事。

ただし、
この効果を使うと、そのターン特殊召喚ができなくなり、
呼び出したナンバーズでしか攻撃できなくなってしまう

イメージとしては、
「RUM-七皇の剣」に似ているような、似ていないような
そんな効果です。

進化前のナンバーズを素材にしていると効果を発動できる
「カオスナンバーズ」達のサポートとして使うこともできる。
※呼べるドラゴン達は後述。

ナンバーズをEXデッキから特殊召喚する場合は、
EXモンスターゾーンを開けておくか、リンク先を用意する必要がある。

「ドラッグラビオン」を墓地から蘇生している場合は問題ないが、
普通にエクシーズ召喚した場合は、
リンク先がなければEXからは特殊召喚できない。

ナンバーズを墓地から特殊召喚する場合は、蘇生制限を満たさなければならない。
※「轟雷帝ザボルグ」等と合わせることはできない。

「No.97龍影神ドラッグラビオン」と相性の良いカード

呼び出せるドラゴン

No.100ヌメロン・ドラゴン


真っ先に思いつくのがこれ。

「ドラッグラビオン」の効果で呼び出せば、
ランクの合計は9なので、攻撃力が9000になる。

「ドラッグラビオン」の制約により、
呼び出したモンスターでしか攻撃できなくなっても、
9000あれば十分ワンキルに持っていく事は可能。

ワンキルできなくても、
次の相手ターンの間は攻撃力9000が居座ることになり、
効果で破壊しようものなら全体除去が飛んでくるので、
相手からするとかなり厄介。
※書いてて改めて思ったけど、結構やばくね?。


やめろミザエル(先制攻撃)

CNo.107超銀河眼の時空龍

「RUM-七皇の剣」に加えて、
また直接呼び出す方法が増えたネオタキオン。

「ドラッグラビオン」の制約で攻撃が制限されても、
場のモンスターをコストに3回攻撃できる効果を活かすことができる。
コストには「ドラッグラビオン」自身や展開用のリンクモンスターを使える。

No.92偽骸神龍Heart-eartH Dragon


普通に出すのが大変な奴。
出しやすければ強いって言われるタイプのカード。

「ドラッグラビオン」の制約により1体でしか攻撃できない場合でも、
相手の場に高打点がいれば、反射ダメージでライフを大きく削ることができる。

相手ターン中に場に出されたカードを相手のエンドフェイズに全て除外する効果もあるので、
そちら目的で特殊召喚するのもあり。

「ドラッグラビオン」の効果で墓地から呼び出されていれば、
蘇生制限を満たせていることになるので、
エクシーズ素材を持つ状態で破壊された時の自己再生効果も発動可能。

CNo.92偽骸虚龍Heart-eartH Chaos Dragon


普通に出すのがめちゃくちゃめんどくさい奴。
「ドラッグラビオン」によって、
直接特殊召喚できるようになりました。

進化前の「No.92」をエクシーズ素材にしていると、
相手の表側表示のカード効果をすべて無効にするチェーン不可の起動効果を得る。
…そこ、進化前の方が強いとか言わない。

No.38希望魁竜タイタニック・ギャラクシー


制圧盤面でよく見る顔。
魔法カードを無効化する制圧モンスター。

単純に制圧効果強い。

相手の攻撃対象を変更する効果もあるので
展開用のリンクモンスターを守ることができる。

その他 相性の良いカード

No.71リバリアン・シャーク


こちらはフィールドに出すのではなく、
素材にする方に選択するといい。

墓地に送られた時の、
「RUM」をデッキトップに置く効果が発動できる。

フィールドに特殊召喚しても、
そのターン中、蘇生効果を使うことができない。

天球の聖刻印


ドラゴン族2体でリンク召喚できるリンク2。
「ドラッグラビオン」は基本的にドラゴン族デッキで出すことになるので、
展開用のリンクモンスターとしてはこのカードが適している。

相手ターンでも使えるバウンス+リクルート効果を持つので、
「ドラッグラビオン」の制約を受けても次の相手ターンで使える。

「ヌメロン・ドラゴン」を特殊召喚した後、
相手のターンで「ガンドラX」を特殊召喚すれば、
9000ダメージを与えることができる。

まとめ

ヌメドラ強えええええええ!!!
といった感じ。

新マスタールールによって、ほぼ出せなくなるとかいう弱体化を食らってたので
良い救済だと思います。

このカードを使った専用デッキも楽しそう。

その一方で、
レダメを禁止にして少しは収まったかと思った「ガンドラX」が
また強化されてしまいました。

また変なルートが作られるんでしょうか?

相性のいいカード、テーマは見つかり次第、随時追加していきます。

では今回の記事はここまでにしようと思います。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイト運営者について

こんにちは、カゲリです。

当ブログにお越し頂き、ありがとうございます。

興味を持ったことや、自分の考えなんかを、ちょっとゆるい「自分なりの言葉」で書いていきます。

あくまでもゆるくです。

真面目過ぎはよろしくない。

詳細プロフィール