興味関心、思ったことは正直に。色々なことを「自分なりの言葉」で書いていくブログ

【遊戯王】「機巧蛇―叢雲遠呂智(ムラクモノオロチ)」の効果・使い方を考察

最終更新日 2019/04/23 公開日2019/04/05

機械のオロチ。

またちょっと異質な奴が出てきましたね。

最初「首三つやん」
とか思ってました。

よく見てみると、
鉤爪やら砲台やらの部分が首っぽくなってます。

その辺も合わせてってことね。
ちゃんと8本でした。

イラストアドも高めです。

公式Twitterから「ライジング・ランペイジ」収録の
「機巧蛇―叢雲遠呂智(ムラクモノオロチ)」の効果が発表されました。

というわけで、効果を見ていきます。

「機巧蛇―叢雲遠呂智(ムラクモノオロチ)」の効果

効果モンスター
星8/闇属性/機械族/攻2450/守2450
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:このカードが手札・墓地に存在する場合、自分のデッキの上からカード8枚を裏側表示で除外して発動できる。このカードを特殊召喚する。この効果は相手ターンでも発動できる。
②:自分のEXデッキからカード3枚を裏側表示で除外し、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊する。

引用元:遊戯王wiki

攻守力は両方2450と中途半端。
※ヴェルズみたい。

①の効果により、
コストとしてデッキの上から8枚を裏側で除外することで手札、墓地から特殊召喚できる。

緩い条件で特殊召喚できるモンスター。

デッキの上のカードを除外するので、
特に下準備なしで出せるのも大きい。

さらに相手ターンにも使うことができるので、
壁として使うことができる。

一度にかなりの枚数を除外することができ、
この効果1回で「紅蓮魔獣ダ・イーザ」の攻撃力が3200アップする。

②の効果は、
EXデッキから3枚を裏側で除外することでモンスターを破壊できる。

軽いコストで除去を行える。

EXを除外するのでEXデッキを全然使わないデッキで使うことになるが、
「強金」とは違いランダムとは書いてないので、
除外するカードを選ぶことはできる。

このカードは、ランク8を使うデッキと相性が良く、
そういうデッキでも効果を使うことができる。

よく見ると①と②の効果は、
1ターンにどちらか1つしか使うことができないので、
①で場に出したターンは除去効果を使うことができない。

①は相手ターンで使えるので、
エンドフェイズに特殊召喚すれば問題ない。

「機巧蛇―叢雲遠呂智(ムラクモノオロチ)」と相性の良いカード・テーマ

紅蓮魔獣ダ・イーザ


除外されたカード1枚につき400の攻撃力になるモンスター。

先程もあったように、
「機巧蛇」の①の効果で8枚除外すれば、
攻撃力を3200アップさせることができる。

「機巧蛇」は相手ターンにも呼べるので、
相手ターンに3200アップさせ攻撃を止めることも可能。

EXデッキを3枚除外する②の効果もあるので、

相手エンドフェイズに①の効果で呼ぶ。
       ⇓
次の自分のターンに②の効果で除去。

という手順で合計11枚ものカードを除外でき、
攻撃力を4400上げることができる。

また、
相手エンドフェイズに①の効果で呼ぶ。

次の自分のターンにリンク素材等で墓地へ。

もう一度①の効果で蘇生。

という手順なら合計16枚カードを除外できる
この場合は6400のアップになる。

ただただ脳筋。

百万喰らいのグラットン


「ダ・イーザ」ほどではないが攻撃力を上げることができる。

こちらの場合は、
バトルする相手モンスターを裏側で除外できる効果があり、
簡単に呼び出せる除去札として使える。

が、
基本的にEXデッキをコストとして呼び出すので、
「機巧蛇」の除去効果とは被ってしまう。

オルフェゴール・トロイメア


闇属性機械族なので、
デッキから墓地に落とすことができる。

墓地に落とせば①の効果で蘇生できるので
相性が良い。

なんか色合い的に、
「オルフェゴール」モンスターっぽく見えなくもない。

【ギミックパペット】


ランク8を使う闇属性・機械族と言えばこのテーマ。

簡単に特殊召喚できるので、
エクシーズ召喚に使うことができる。

属性や種族でもサポートを共有できる点でも相性が良い。

まとめ

こいつは「ティアマトン」とかの
ウルトラレアの「○○龍」シリーズみたいなやつかな?

「機巧」?
それとも「○○蛇」?
それか全く関係ないのか。

性能としては、
とりあえず「ダ・イーザ」強化かなー
といったところ。

というより、
最近は「ダ・イーザ」の攻撃力が上げやすすぎる。
どこまで脳筋するんでしょうね。

お手軽に出せるレベル8という点でも
十分に採用できるカードだと思います。

では、今回の記事はここまでにしようと思います。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイト運営者について

こんにちは、カゲリです。

当ブログにお越し頂き、ありがとうございます。

興味を持ったことや、自分の考えなんかを、ちょっとゆるい「自分なりの言葉」で書いていきます。

あくまでもゆるくです。

真面目過ぎはよろしくない。

詳細プロフィール