興味関心、思ったことは正直に。色々なことを「自分なりの言葉」で書いていくブログ

【遊戯王】「ビック・バイパーT301」の効果・使い方を考察

最終更新日 2019/04/06 公開日2019/04/06

「巨大戦艦」に続いて
「超時空戦闘機」も強化。

まさかこっちも来るとは。

「巨大戦艦」よりも久しぶり過ぎる強化です。

発売日が近くなって
情報が出てくるようになってきました。

フラゲゾンビが沸く時期。

公式Twitterから「ライジング・ランペイジ」収録の
「ビック・バイパーT301」の効果が発表されました。

というわけで、効果を見ていきます。

「ビック・バイパーT301」の効果

効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻1200/守800
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札・墓地に存在し、自分の表側表示モンスターが相手モンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。このカードを特殊召喚する。この効果で特殊召喚してこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
②:このカード以外の自分フィールドの機械族・光属性モンスターの攻撃力は1200アップする。

引用元:遊戯王wiki

①の効果により、
自分モンスターが相手モンスターとバトルする攻撃宣言時に手札・墓地から特殊召喚できる。

自分から仕掛けても、相手から仕掛けても
どちらでも特殊召喚できる。

が、
自分の裏側表示のモンスターが攻撃された場合は特殊召喚できない。

特殊召喚効果且つ条件自体は緩く、
墓地からでも特殊召喚できるが、
バトルフェイズに発動する効果なので、
展開目的で使うには遅い。

なので展開目的ではなく、
②の効果及び追撃目的で使うことになる。

その②の効果は、
自身以外の光属性・機械族の攻撃力を1200アップする効果。

上がり幅は1200と大きく、
①の効果と合わせて充分に戦闘補助として使うことができる。

①の効果で手札から呼ぶことで奇襲をかけることもできる。

また、
この効果は重複するので、
複数体並べることでさらに攻撃力を上げることができる。

攻撃力は1200且つ、
このカード自体の攻撃力は上がらないことを逆手にとって
「地獄の暴走召喚」で並べることができる。

①の効果による特殊召喚が発動条件を満たす事からも相性が良い。

光属性・機械族で相性が良さそうなテーマ

【超時空戦闘機】


やっぱりここで使うのが一番無難か。

戦闘を介する効果を持つカードが多く、
なんとしても打点を上げたいテーマなので、
1200の上がり幅は重宝する。

そういえば、
トーナメントパックで「オプショントークン」が収録されるけど、
特に使う効果じゃなかったね「T301」。
※興味持った人向けかな?

【サイバー・ドラゴン】


光属性・機械族と言えばこのデッキ。

1200のアップにより攻撃性能が上昇。

「キメラテック・ランページ・ドラゴン」の効果で
デッキから落とすことができ、
その後の攻撃で特殊召喚することもできる為、相性が良い。

「地獄の暴走召喚」も組み込めるデッキなので、
一気に3600アップさせることも可能。

「ランページ・ドラゴン」の攻撃力がまた上がるね。
やったね。

まあ、
「T301」を使わずとも攻撃力は足りているような気もする。

さらなる打点を追い求めたい人へ。

【ABC】


【サイバー・ドラゴン】以外で挙げるなら
この辺りだろうか?

「T301」は①の効果で特殊召喚した場合、
フィールドを離れると除外されてしまう。

このテーマなら「A」「B」「C」全員がレベル4なので、
除外されないようエクシーズ召喚に繋ぐことができる。

攻撃した後に制圧系のランク4を出すとかかな。
※「バグースカ」とか。

まとめ

やはり機械族は脳筋。

最近「リミッター解除」も緩和されたことだし、
脳筋具合により拍車がかかりそうです。

では、今回の記事はここまでにしようと思います。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイト運営者について

こんにちは、カゲリです。

当ブログにお越し頂き、ありがとうございます。

興味を持ったことや、自分の考えなんかを、ちょっとゆるい「自分なりの言葉」で書いていきます。

あくまでもゆるくです。

真面目過ぎはよろしくない。

詳細プロフィール