興味関心、思ったことは正直に。色々なことを「自分なりの言葉」で書いていくブログ

【遊戯王】「カクリヨノチザクラ」の効果判明!使い方を考察

最終更新日 2019/04/09 公開日2019/04/09

桜且つこのイラスト。
そしてVジャンに刻まれる
「様々なデッキに投入可能な使いやすいカード」
という煽り文句。

「浮幽さくら」やら「灰流うらら」やらを髣髴とさせ、
まさかのVジャン付録で手札誘発娘か!?
なんて思われていたが、
そんなことはなかったのである。

遊戯王.jpで「カクリヨノチザクラ」の効果が判明しました。
Vジャンプ6月特大号掲載記事:第1回 Vジャンプ6月特大号付録カードを公開!

Vジャン新規って結構待たされるよね。
やっと来たか
ってなっちゃう。
まあ仕方ないんだけどね。

というわけで、効果を見ていきます。

「カクリヨノチザクラ」の効果

効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻0/守0
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札に存在する場合、自分及び相手の墓地から1枚ずつ、魔法・罠カードを対象として発動できる。そのカードを除外し、このカードを特殊召喚する。
②:このカードをリリースし、自分または相手の墓地の融合・S・X・リンクモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを除外し、そのモンスターとは種類(融合・S・X・リンク)が異なるモンスター1体を自分の墓地から選んで特殊召喚する。

引用元:遊戯王wiki

①の効果は
お互いの墓地から魔法・罠カードを1枚ずつ除外することで手札から特殊召喚できる効果。

先行1ターン目では特殊召喚し難いことが気になるが、
緩い条件で呼び出せるレベル1悪魔として使うことができる。

そう、
アンデットっぽいけど悪魔なんだよね。この娘。
「魅惑の悪魔族モンスター」
って書いてあったのは知ってるけど。
見た目が手札誘発娘っぽいから余計にね。

レベル1であることから「ワンチャン!?」でサーチできるので、
そのままコストに充てて特殊召喚するのもいい。

一応「無限泡影」のような手札からのトラップで
展開を妨害された時なんかに出せたりはする。

相手の墓地から発動する魔法・罠を除外できると美味しい。
見た目に反して相手ターンには使えないのでタイムラグがあるやつ限定。

②の効果は、
自身をリリースし、
墓地からEXモンスター(融合・シンクロ・エクシーズ・リンク)を除外することで、
除外したカードとは違う種類のEXモンスターを墓地から蘇生
する効果。

文章で書いてみたら
「長いしすっげえ解りづれえ」
と思ったので、
例を挙げて簡単に説明すると、

「カクリヨノチザクラ」をリリース

自分か相手の墓地のリンクモンスターを除外

自分墓地のリンクモンスター以外(融合・シンクロ・エクシーズ)を蘇生

という事。

コストとして墓地から除外するモンスターは
自分・相手のどちらからでも除外できるので
完全に相手依存というわけでもない。

なので基本的には、
EXデッキに複数の召喚法を採用しているデッキに投入し、
相手墓地からの除外はできたらラッキー程度に留める。
といった使い方になる。

今現在(10期)はリンクモンスター主体なので、
融合・シンクロ・エクシーズならば蘇生しやすく、
それらが主体のデッキでも使いやすい。

また「ワン・フォー・ワン」で呼び出せるので、
これを採用するデッキの選択肢の一つとすることもできる。

守備力0なので「悪夢再び」にも対応する。

「カクリヨノチザクラ」と相性の良いカード

暗黒の魔王ディアボロス


「カクリヨノチザクラ」の蘇生効果が
自身をリリースして発動する効果なので、
EXモンスターを蘇生しつつ「ディアボロス」を出すことができる。

蘇生したモンスターが
レベル8の融合・シンクロモンスターならば、
ランク8のエクシーズ召喚が可能。

特殊召喚しやすいレベル1なので、
「リンクリボー」に繋ぎやすいのも相性が良い。

見た目に反して悪魔族なので、
他のストラクR組と合わせれば種族サポートも共有できる。

簡易融合


カップ麺。

このカードを使ってリンク素材を確保するデッキなら、
「カクリヨノチザクラ」のコストとなる
墓地の魔法カードと融合モンスターを1枚で用意することができる。

このやり方なら、
展開のつなぎに使ったリンク2とかも蘇生できるので、
さらに高リンクモンスターを召喚しやすくなる。

カップ麺は出張しやすいカードなので、
色んなデッキに組み込みやすい。

ゼラの天使


除外された次のスタンバイフェイズに特殊召喚できるシンクロモンスター。

「カクリヨノチザクラ」の蘇生効果のコストにすれば、
次のターンに帰還させることができる。

シンクロモンスターを除外するので、
先程のカップ麺(簡易融合)同様、
リンクモンスターを蘇生することができる。

業神-不知火


除外されたときに「不知火トークン」を生成するシンクロモンスター。

「カクリヨノチザクラ」の蘇生効果のコストにした場合、
リンクモンスターを蘇生しつつトークンを生成
という動きが可能。

【不知火】なら
シンクロモンスターを除外する事にも意味が出てくるので、
「業神」以外のシンクロモンスターもコストに充てやすい。

そして、
すごくアンデットっぽい見た目なので、
イラストがすごく「不知火」にマッチしている。

メタファイズ・アセンション


すごく珍しい「除外されたら発動するトラップ」
どこから除外しても発動するので、
「カクリヨノチザクラ」で墓地から除外してもサーチ効果が使える。

「フィールドから除外されたときに発動するトラップ」なら何枚かあるけど、
場所を選ばずに
「どこから除外されても発動するトラップ」は現状このカードくらいしかない(はず)。
※逆にあったら教えてほしい。追加したいから。

今までの【メタファイズ】でも
「封印の黄金櫃」とか「アシンメタファイズ」から除外してサーチをしていましたが、
「黄金櫃」が制限カードになってしまったので、
「アセンション」を除外するカードとして

【メタファイズ】はそこまでEXデッキに依存しませんが、
「メタファイズ・ラグナロク」がチューナーということもあり、
基本はシンクロとリンクが入ることが多く、
「カクリヨノチザクラ」の蘇生効果も構築次第では活かせます。

普通に伏せて使った後の「アセンション」を
「カクリヨノチザクラ」で除外して、
サーチしつつリンク1を出すという動きとかどうでしょうか?

まあ、
「アセンション」の①と②は
同一ターンにはどっちか片方しか使えないので、
タイムラグすごいけどね。
※芝刈りを使うタイプならいけるかな?

「どこから除外されても発動するトラップ」の物珍しさに
一応載せておきたくなったので。

まとめ

面白い効果ではあるけど、
癖が強くデッキを選ぶカードという印象。

が、
今後のカードプールの変化次第では、
「何かしら使えそう」
「なんとなく可能性を感じる」
そんな気がします。
※根拠なし。気のせいの可能性あり。

そんなめっちゃふわっとした理由ですが、
私は普通に3冊買います。

「アセンション」以外の
除外されたときに発動するトラップが出るかもしれませんしね。

では、今回の記事はここまでにしようと思います。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイト運営者について

こんにちは、カゲリです。

当ブログにお越し頂き、ありがとうございます。

興味を持ったことや、自分の考えなんかを、ちょっとゆるい「自分なりの言葉」で書いていきます。

あくまでもゆるくです。

真面目過ぎはよろしくない。

詳細プロフィール