興味関心、思ったことは正直に。色々なことを「自分なりの言葉」で書いていくブログ

【遊戯王】「GNOMATERIAL」等 海外版「ダークネオストーム」の新規が判明!

最終更新日 2019/04/20 公開日2019/04/19

海外版ではありますが、また一気に判明しましたね。

海外版は結構面白いカードが出たりするので
油断なりません。

海外版「ダークネオストーム」の新規が大量に判明しました。
というわけで、早速効果を見ていきますが、
とりあえず先に注意書きとして書いておきます。

今回の記事にかかれている新規達の効果は
ドイツ語翻訳なので誤訳があり得ます

GNOMATERIAL

星1/地属性/天使族/攻0/守1000
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドにカードが存在せず、相手が1体以上のモンスターの特殊召喚に成功した場合に、このカードを手札から捨てて相手の表側表示モンスター1体を対象として発動できる。このターン、対象のモンスターはリリースまたは融合・シンクロ・エクシーズ・リンク素材として使用できない。

可愛らしいイラスト。
手札誘発はそういうの多いね。

自分の場にカードが無い状態で、相手の場にモンスターが特殊召喚された時に、
このカードを捨てることで、そのターン中、
相手モンスター1体はリリース及びEXモンスターの素材にできなくなります

発動条件は「無限泡影」と同じですが、
向こうは伏せて使える罠カードなのに対して、
こっちはモンスター効果且つ「幽鬼うさぎ」みたいなフィールドからの発動はできないので、
先行1ターン目以外で使うのは厳しめ。

ただ、初手には引きたいんだけど、
枚数入れてダブってしまうと腐るんですよね。
中々難しそうなモンスターです。

1体のみとは言え、現状存在する全ての召喚法の素材にできなくなるので、
下級モンスター等を棒立ちさせることができます。

破壊したり無効にしたりの
直接アドを取るようなカードではないが、
実際に打たれると普通にめんどくさそう。

Muddy Mudragon

シンクロ・効果モンスター
星6/闇属性/ドラゴン族/攻500/守2200
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードは、融合モンスターカードにカード名が記された融合素材モンスター1体の代わりにできる。その際、他の融合素材モンスターは正規のものでなければならない。
②:融合モンスターカードによって決められた、このカードを含む融合素材モンスターを自分フィールドから墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

「沼地のドロゴン」の親戚かな?
でも向こうとは違い普通にドラゴン族です。

①の効果により、融合素材の代用になることができ、
②の効果でこのカードを含むフィールドのモンスターを素材にして融合召喚が可能。

「融合呪印生物」に似た効果を持つシンクロモンスター
という変わった性能をしていて、
融合とシンクロを両方使うデッキで使うことになる。

「デブリ・ドラゴン」とは相性が良く、
攻撃力が500なので釣り上げることができる上、
このカード自体がレベル6のドラゴン族シンクロなので、
「デブリ・ドラゴン」からのシンクロ召喚がしやすいです。

このカードが最大限に活かせるデッキはというと、テキスト通りに見れば、
レベル6をシンクロ召喚するギミックを自然に組み込めて、
融合素材のカード名を名指ししている融合モンスターがいるデッキになるんですが、
…何があるだろう?
ぱっと思いつかなくて申し訳ない。

もしあったら教えて頂きたい。

Saryuja’s Shackles

通常罠
このカード名カードは1ターンに1度しか発動できない。
①:相手のフィールドまたは墓地のリンクモンスター1体を対象として発動できる。自分は対象のリンクマーカーの数だけデッキからドローする。その後、自分の手札が2枚以上の場合、手札から2枚選んでデッキの一番下に好きな順番で戻す。

「Saryuja」。
「鎖龍蛇」?
イラストにはスカルデット(の残骸?)らしきものが映ってますね。

相手のフィールドか墓地のリンクモンスターのマーカーの数だけドローできる。

相手依存ですが、
カード名(?)の通り「スカルデット」のようなリンク4がいれば4枚ドローできます。
最近ではリンク4で「ヴァレル」シリーズを搭載したデッキも多いので、
リンク召喚をするデッキ相手なら普通に発動できそう。

ただし、
ドローの後、手札が2枚以上あった場合、
自分の手札2枚をデッキの一番下に戻さなければなりません

これにより、手札は2枚以上には増えません。
手札が0の状態ならいいですが、
1枚でも持っていれば、大体は手札を戻さなければならなくなるので、
ドローソースと言うよりも、手札交換としての役割が強い。

「Danger!」シリーズ

Danger! OF THE STRONG!

装備魔法
「Danger!」モンスターにのみ装備可能。
①:装備モンスターの攻撃力・守備力は800アップする。装備モンスターはカードの効果で破壊されず、バトルフェイズ中にモンスターに2回攻撃することができる。

「Danger!」モンスターの攻守力を800アップさせ、モンスターへの2回攻撃を付与する。

800アップは数値としては高めで、
2回攻撃も最上級「Danger!」モンスターに装備すれば活かすことができる。

Danger! Suspense! Secrets!

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:手札からレベル5以上の「Danger!」1体を捨てて発動できる。デッキからレベル4以下の「Danger!」1体を手札に加える。このカードの発動後、ターン終了時まで自分は「Danger!」しか特殊召喚できない。

手札からレベル5以上の「Danger!」を捨てることで、
デッキからレベル4以下の「Danger!」を手札に加える
ことができる。

手札コスト1枚が必要なサーチ魔法です。

「Danger!」モンスターは手札から捨てられることで効果を発動できるので、
手札コストで捨てた最上級「Danger!」の効果の発動に繋がる。

ただし、
発動後は「Danger!」しか特殊召喚できなくなるので、
よくある「暗黒界」等との混ぜ物構築をする際には注意が必要。

You are in Danger!

通常罠
このカード名カードは1ターンに1度しか発動できない。
①:デッキからカード名が異なる「Danger!」モンスター3種類を相手に見せ、相手はその中からランダムに1枚選ぶ。そのモンスターを特殊召喚し、残りのカードをデッキに戻す。そのターンのエンドフェイズにこの効果で特殊召喚した「Danger!」モンスターは破壊される。

デッキのカード名が異なる「Danger!」3種類から1枚をランダムに相手に選ばせ、
それを特殊召喚
できる。

罠カード且つ不確定ではありますが、リクルート効果です。

ただし、
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊されるので、
そのターンに決めるなり、
さっさと素材にするなりしてしまいましょう。

まとめ

「ワルキューレ」はそこそこ多かったので別記事にします。

今回紹介した中だと、
手札誘発の「GNOMATERIAL」は結構いやらしい効果をしているので、
来日したらサイドデッキ要因として使われるかもしれません。

海外版は今回の記事の「Danger!」以外でも
「ワルキューレ」や「Time Thief」等の様々なカードがあります。
早めに来日してほしいものですね。

では、今回の記事はここまでにしようと思います。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイト運営者について

こんにちは、カゲリです。

当ブログにお越し頂き、ありがとうございます。

興味を持ったことや、自分の考えなんかを、ちょっとゆるい「自分なりの言葉」で書いていきます。

あくまでもゆるくです。

真面目過ぎはよろしくない。

詳細プロフィール